それはないだろう!WOWOW

このホームページでもおなじみの「深夜特急」のテレビ版。
その第2弾「劇的紀行・深夜特急97西へ!ユーラシア編」がWOWOWで放送された。
何で民放のものを有料テレビで?と思いきや、なんでも第35回ギャラクシー賞受賞シリーズの一環で放送したとのこと。
そういう物を受賞してたんですね、このドラマは。

懐かしいやらで観てビックリ。まず、オリジナルよりも放送時間が短い。これだけでも大問題なのに、更にはオリジナルになかった曲が挿入されていた。おいおいギャラクシー賞受賞の番組を見せようとする趣旨なんであれば、オリジナルのまま見せるのが常識なのとちがうんかい!
テレビ業界に詳しい友人にきいたところ、楽曲の著作権の関係かなと言っていました。
が、しかし、オリジナルのまま放送できないんであれば、紹介するなよ。

テレビ界じゃCMスポットの間引きなのでモラルが問われているが、作品に手を加えて改ざんするなどというのは、一応芸術文化に関わる身であればモラル以前の問題だということがわからないかなぁ。
改ざんして放送したWOWOWは懲罰もんだけれど、放送を許可したオリジナル局の名古屋テレビやオリジナルの制作に関わったスタッフも同罪としかいえない。創り放なしでなく作品をちゃんと守れよ!
この件でWOWOWにメールで質問したものの案の定、回答はきていないことも付け加えておきます。


雑記TOPへ戻る